高血圧とは?基準・原因・症状を解説!

目次
高血圧とは
高血圧の基準
高血圧の原因
高血圧の初期症状

高血圧とは

高血圧(こうけつあつ)は、血液の循環中における血圧の異常な上昇を指します。通常、心臓が拍動する際に血液を体内に送り出す際に生じる圧力のことを指し、この圧力が通常の範囲を超えて上昇することが高血圧となります。

高血圧は、血管の収縮や動脈硬化などの影響で血液が体内を循環する際の抵抗が増加し、心臓がより強く血液を押し出す必要が生じるために発生します。この状態が持続すると、心臓や血管に負担がかかり、さまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。

高血圧の基準

高血圧の診断基準は、通常、安静時の血圧を測定して判断されます。以下は一般的な基準ですが、医師の判断や地域によって異なる場合もあります。

  1. 収縮期血圧(最高血圧):140 mmHg以上
  2. 拡張期血圧(最低血圧):90 mmHg以上

基準によって以下の4つのカテゴリに分類されます:

  1. 正常血圧:収縮期血圧が120 mmHg未満、拡張期血圧が80 mmHg未満
  2. 前高血圧(前段階):収縮期血圧が120-139 mmHg、または拡張期血圧が80-89 mmHg
  3. 高血圧(1度):収縮期血圧が140-159 mmHg、または拡張期血圧が90-99 mmHg
  4. 高血圧(2度):収縮期血圧が160 mmHg以上、または拡張期血圧が100 mmHg以上

ただし、高血圧の診断は一回の測定だけで行うのではなく、複数回の測定や24時間の血圧モニタリングを行うことが一般的です。また、高血圧の診断には他のリスク要因や既往症の有無、個人の年齢や基礎疾患なども考慮されます。

高血圧の診断や治療に関しては、医師との相談が重要です。医師は患者の状態や健康リスクを総合的に評価し、最適な治療計画を立てることができます。

高血圧の原因

高血圧の原因はさまざまであり、一つの明確な原因だけで説明できるわけではありません。以下に、高血圧の主な原因や関与する要素をいくつか挙げます。

  1. 遺伝的要因: 高血圧は遺伝的な傾向があることがあります。家族歴に高血圧の人がいる場合、自身の高血圧のリスクが高まる可能性があります。
  2. 生活習慣と食事: 不健康な生活習慣や食事習慣が高血圧の原因となることがあります。高塩分の食事、高脂肪の食事、肥満、運動不足、過度のアルコール摂取、喫煙などがリスク要因となります。
  3. 心血管疾患や他の疾患: 心臓や血管に関連する疾患や病態が高血圧を引き起こすことがあります。例えば、動脈硬化、心臓病、腎臓疾患、内分泌疾患(副腎の問題など)などが関与することがあります。
  4. ストレス: 長期間にわたる慢性的なストレスは、血圧の上昇を引き起こすことがあります。
  5. 加齢: 年齢の上昇に伴い、血管の柔軟性が低下し、高血圧のリスクが高まります。
  6. 薬物やサプリメント: 一部の薬物やサプリメントは高血圧の原因となる可能性があります。特に、一部の抗うつ薬、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、ホルモン剤などが関与することがあります。

これらは一般的な要因であり、個人の状況や生活環境によって異なる場合があります。高血圧は多くの場合、複数の要因が組み合わさることで発症するため、総合的なアプローチが必要です。高血圧の管理や予防には、ライフスタイルの改善、適切な食事、適度な運動、ストレス管理、定期的な健康チェックなどが重要です。

高血圧の初期症状

高血圧は一般的に無症状であるため、「サイレントキラー」と呼ばれることがあります。しかし、以下のような初期の症状や身体の変化が現れる場合もあります。

  1. 頭痛: 頭痛は高血圧の症状の一つですが、高血圧単独での頭痛は比較的まれです。もし頭痛が頻繁に起こり、他の原因が除外された場合は、高血圧が関与している可能性があります。
  2. 眩暈やめまい: 高血圧によって血管が収縮し、血液の流れが制限されることがあります。その結果、めまいや立ちくらみが起こることがあります。
  3. 呼吸困難: 高血圧によって心臓への負担が増えるため、心臓が正常に機能しなくなることがあります。これにより、呼吸困難や息切れが生じることがあります。
  4. 頻尿: 高血圧によって腎臓の機能が低下することがあり、尿の排出が増えるため、頻尿が生じることがあります。
  5. 視覚の変化: 高血圧が網膜に影響を及ぼすことがあり、視覚の変化や目のかすみ、視野の狭窄などが現れることがあります。

これらの症状は高血圧と他の病気や状態との関連性がある場合もあるため、高血圧の疑いがある場合は医師に相談することが重要です。また、高血圧は無症状のまま進行することがあるため、定期的な血圧チェックや健康診断が推奨されます。血圧計を家に置いてください。 kusuri.shopのWebサイトでは、医療用品だけでなく、さまざまな医薬品も取り扱っています。